火災共済について

Posted in 共済・保険

火災共済(あなたの企業を守る)

~掛金が安い・支払いが早い・剰余金は契約者に還元~

こんなときのために!!

1.火災のとき。
2.落雷 による衝撃によって建物、ガラス、テレビなどに損害が生じたとき。
3.破裂または爆発 ボイラの破裂やプロパンの爆破などにより損害が生じたとき。
4.風災・雪災 台風、せん風、暴風などの風災、ひょう災または豪雪、なだれなどで建物、家財等に20万円以上の損害が生じたとき。
5.物体の落下、衝突 航空機の墜落や付属品の落下、車両の飛び込みなどで損害が生じたとき。
6.騒じょう、労働争議 デモやストライキなどによって建物や家財に損害が生じたとき。
7.水ぬれ 給排水設備の事故または、他の戸室の事故により水ぬれの損害が生じたとき。
8.盗難 家財や設備、什器などが盗まれたり盗難の際に建物、家財、設備、什器などが壊されたり、汚されたりしたとき。
9.水災 台風、こう水、豪雨などで建物や家財に30%以上の損害が生じたとき。

•臨時費用
1~7の事故の場合、共済金のほかにその30%を臨時の費用としてお支払いします。

•残存物取片付け費用
1~7の事故の場合、共済金の10%の範囲内で残存物の取片づけに要した実費をお支払いします。

•失火見舞費用 
1または3の事故で他人の所有物に損害を与えたとき。

•傷害費用 
1~8の事故および火災によって共済金が支払われる場合に、契約者または親族、使用人が死亡、後遺障害、重傷など被害があったとき。

•地震火災費用
地震、噴火などにより火災が発生し、建物や家財に損害が生じたとき。

•修理付帯費用
1~3の事故の場合、損害の原因調査費用や仮修理費用・仮設備費用などの実費をお支払いします。

•損害防止費用
1~3の事故で損害の防止軽減のために支出した必要または有益な費用。